愛するペットのために、安心して使えるお手入れの必需品

ゲスト 様 ようこそ

ショッピングカート(0

  • ログイン
  • 会員登録

ベジカリ

ベジカリ

  • ヘルスケア
  • 関節・肝機能への健康サポート
  • 瞳の健康サポート

生活習慣病に大7栄養素 ファイトケミカル

現在ペットの平均寿命は人間と同じように伸びております。東京農工大学と日本小動物獣医師会の調査によると2014年の調査結果で平均寿命は犬で13.2歳、猫で11.9歳だと分かりました。最初に調査を行ったのは1990年では犬が8.6歳、猫が5.1歳でしたので約20年で平均寿命が犬1.5倍、猫2.3倍にのびた事になります。
その要因としてはフードの品質向上や医療の進歩が大きいと言われてます。
しかし平均寿命が延びる事で予防や治療できない病気なども増加しております。
下記は日本アニマル倶楽部「犬・猫 死亡原因病気TOP10」のデーターを引用致しました。

犬・死亡原因・病気 TOP10
1位 ガン 54%
2位 心臓病 17%
3位 腎不全 7%
4位 てんかん発作 5%
5位 肝臓疾患 5%
6位 胃拡張・胃捻転 4%
7位 糖尿病 3%
8位 アジソン病 2%
9位 クッシング病 2%
10位 突然死 1%

死亡原因の半数以上はガン

犬の死亡原因のトップはガンで、実に全体の半数以上を占めています。
犬は比較的ガンにかかりやすい傾向があり、人間同様に高齢犬ほどガンの発症率は高く、老齢犬の死亡原因の第1位となっています。
日頃から食事の安全面や適度な運動をさせて、ガンになりづらい体にしてあげることが大事です。
第2位、第3位となっている心臓病や腎不全に関しても正しい食生活や、十分な運動を行い、正しい生活習慣を送らせるように気をつけましょう。
また、肥満にならないようにする事で、発病の可能性を抑えられます。
9歳以上を過ぎたら、年に1〜2回のペースで定期健診を受けましょう。

猫・死亡原因・病気 TOP10
1位 ガン 38%
2位 腎不全 22%
3位 猫伝染性腹膜炎 10%
4位 心臓病 7%
5位 肝臓病 6%
6位 猫エイズ 6%
7位 猫白血病 5%
8位 甲状腺機能亢進症 3%
9位 肝臓病 2%
10位 ウィルス性呼吸器感染 1%

泌尿器系や感染症のトラブルも

猫の死亡原因トップでは、ガンや腎不全が上位ですが、この他に猫の死亡原因の病気では泌尿器系や感染症のトラブルも多いです。
定期的なワクチン接種や、感染猫との接触を防ぐことのできる完全室内飼いをすることによって、予防出来ることもあります。
また、犬同様に肥満にならないよう正しい食生活を送らせることも必要です。

出典:日本アニマル倶楽部「犬・猫 死亡原因病気TOP10」

このデーターを見る限りペットの寿命と共に生活習慣病(ガンなど)になる確率が増えると感じるかも知れませんが、その要因の一つとして体の免疫力、機能の低下とか新陳代謝の低下などペットが高齢になるとこのように病気になる確率は必然的に上がってしまうのです。
このようにペットのライフスタイルが変化していくことで以前かからなかった病気にも向き合っていく為にはペットの食生活を見直していくことが重要と考えております。
例えば犬に関しては言えば従来必要なのは「※6大栄養素」と言われております。これらは良質なフードにはバランスよく配合されております。
※6大栄養素とは「タンパク質」「炭水化物」「脂質」「ビタミン」「ミネラル」「水」
しかしペットの寿命が延び高齢化してきてる現状で「大6栄養素」だけでなく「大7栄養素」が健康的に生活していくうえで栄養素として注目をあびてきています。
大7栄養素とは「ファイトケミカル」の事です。ファイトケミカルとは機能性野菜に多く含まれ通常野菜では含まない抗酸化作用、ビタミンなどの栄養素を多く含んだ野菜です。
その抗酸化成分を含むファイトケミカル(機能性野菜)が生活習慣病に効果が期待できると考えられております。

※昔は犬には野菜は消化して吸収できないため栄養学的にも意味はないと言われましたが、現在は野菜に含まれるビタミン、ミネラル、食物繊維は犬にとっても必須栄養素です。
特に食物繊維を多く摂取している犬は長生きする傾向があるとも言われております。
これからは生活習慣病などに【大7栄養素 ファイトケミカル】を食事の合間にプラスする事でペットが健康で長生きしていくように心がける事が重要だと考えております。

これからペットの食生活に必要な7大栄養素

7大栄養素「ファイトケミカル」とその作用

機能性野菜とは?

今スーパーなどの野菜売り場で話題の「野菜のエリート」とも呼ばれ品種改良などの技術を用いて栄養価を高めた野菜の事で近年、“第7の栄養素”として注目を浴びている抗酸化成分です。
最近では必要成分をサプリメントで補充するのが一般的ですが、機能性野菜は栄養素が多く含まれてることでサプリメントに頼らず補う事ができます。
特に通常の野菜ではほぼ含まれない抗酸化作用をもつビタミンや※ファイトケミカルなどの栄養素を多く含んでおります。

※ファイトケミカルとはギリシャ語の植物を意味するファイト(phyto)=植物とケミカル(chemical)=化学物質で、「植物性化学物質」の事で第7の栄養素と言われております。

ファイトケミカルは植物の色や香りアクの成分を形成しており、※約10000種類もの野菜、果物、 豆類などの植物に含まれています。
※一般的に良く知られてるのはアントシアニン(抗酸化作用に優れてる。)ルテイン(目の病気やブルーライト等の有害光線から守る)リコピン(ビタミンEの約1,000倍の抗酸化作用)カテキン(肥満予防)リコピン(ビタミンEの約100倍もの抗酸化力で美容効果などに期待がもてる)など、それらを含んだ野菜や果物を摂取することで、植物のちから=ファイトケミカルを摂り入れ、抗酸化力や免疫力をアップさせ、生活習慣病やアンチエイジングなど多くの病気の予防に役立つと考えられております。
今話題の特保(特定保健用食品)の商品でも成分の大部分が「ファイトケミカル」と言われております。

主なファイトケミカルとそれを含む食材と作用

ベジカリ商品ラインナップ

  • ヘルスケア
  • 関節・肝機能への健康サポート
  • 瞳の健康サポート