愛するペットのために、安心して使えるお手入れの必需品

ゲスト 様 ようこそ

ショッピングカート(0

  • ログイン
  • 会員登録

ベジカリ「ヘルスケア」

ベジカリ「ヘルスケア」

ここが気になる仔にお勧め

日常の健康維持、疲れやすいなど

原材料

さつまいもペースト、米粉、ヴァージン・ココナッツオイル、L-アルギニン、ビーツパウダー、人参パウダー、CPL(環状重合乳酸)、緑茶抽出物

特徴

いつまでも若々しく健康的に、をコンセプトにサツマイモベースの生地に今注目されている栄養価抜群の国産機能性野菜「ビーツ」とL-アルギニンをバランス良く配合いたしました。 さらにトランス脂肪酸フリーのココナッツオイルを使用し7大アレルゲンの小麦粉、卵、乳を一切使用せずに作りましたので食物アレルギーをお持ちのペットにもお勧めです。 アミノ酸のL-アルギニン配合により、血管の健康維持に配慮しています。機能性野菜の「ビーツ」は水溶性植物繊維を大量に持っていますので腸内の健康維持に配慮したプレバイオテックスです。また、ベタインの成分で健康を維持し、免疫力を保ちます。 この2つの成分の吸収率を高めるためにCPL(環状重合乳酸)を配合しています。

L-アルギニンとは

アルギニン
アルギニンとは タンパク質の構築に20種類のアミノ酸があります。 9種類は必須アミノ酸で、体内で作り出せないため必ず食べ物から取り入れなくてはなりません。一方、体内で作り出せる11種類は、非必須アミノ酸となります。 アルギニンは非必須アミノ酸で、体内で作り出せる量は少なく、不足した分を食事で補う必要があります。
特徴

■免疫力を保つサポートに
アルギニンにはマクロファージと呼ばれる免疫細胞を活性化させる働きがあります。健康的な体を維持し免疫力のサポートをします。

■血管の健康維持に
アルギニンは体内一酸化窒素を作り出します。一酸化窒素は、体循環などの働きをすることで血管の健康を維持します。

■スキンケアに
アルギニンは肌を保湿します。 肌は表面から角質層、表皮層、真皮層にわかれており、肌が乾燥している状態とは、角質層の水分が不足してる事を指します。角質層の水分は、NMF(Natural Moisturizing Factor)という天然保湿成分によって潤いが保たれ、NMFの約40%をアミノ酸が占めており、 アルギニンには角質層を保湿する効果があるといわれます。

アルギニンと
L-アルギニンの違い
アミノ酸の型にはL型とD型の2つのタイプがあります。
D型のアルギニンはほぼ体内で吸収されず体外に排出されます。
L型のアルギニンは体内の吸収性に優れております。

機能性野菜 ビーツとは

ビーツ
ビーツとは 赤紫色したビーツはほうれん草やふだん草と同じ「ヒユ科」の野菜です。
赤カブ、ダイコンとは関係ありません。ロシアの代表料理「ボルシチ」で有名です。日本ではこの色合いからカエンサイと呼ばれと言われてます。
カリウム、ナトリウム、カルシウムなどのミネラルやナイアシン、パントテン酸などのビタミンB類、食物繊維などが含まれるほか、ベタシアニン、ベタイン、オリゴ糖などほかの作物にはなかなかない成分が含まれています。
期待できる効能

■血管の健康維持に
ビーツの成分として注目されているのが「NO」と呼ばれる一酸化窒素です。このNOは健康的な血管のサポートをします。 さらに非ヘム鉄を多く含みます。

■肝臓機能の健康維持に
ビーツにはベタインという成分が豊富に含まれ、肝機能のサポートをします。

■腸内環境の健康維持に
ビーツは天然のオリゴ糖や食物繊維が含まれているので腸内の善玉菌を増やし、腸内環境のサポートをします。

栄養成分

水分 3.36%
タンパク質 3.28%
脂質 3.64%
粗繊維 0.28%
灰分 0.4%
エネルギー 173.6cal

給与目安

体重
5kg以下 2本
10kg以下 5本
20kg以下 8本
30kg以下 10本